HOME » 知っ得!フロアコーティングの基礎知識 » フロアコーティングの準備

フロアコーティングの準備

フロアコーティングの施工前に準備する事はあるのでしょうか?

フロアコーティングの施工前に準備しておくこと

フロアコーティングの施工そのものは業者におまかせですが、事前に準備しておくことで施工がスムーズに進み、仕上がりもうまくいきやすくなります。

スケジュールを空けておく

フロアコーティングをする場合には、施工前と施工後に傷やへこみのチェックも兼ねて、業者と一緒に立ち合いをする必要があります。施工中は立ち会う必要はありませんが、開始や完了を遅らせないように、施工が始まる時間には在宅しているようにしましょう。

コーティングする部屋を片付けておく

床にコーティングを施すわけですから、その部屋にある荷物や家具は一旦運び出してから施工することになります。1人暮らしで重たい家具が運べない場合など、業者によっては家具の運び出しも請け負ってくれるところもありますが、有料かどうか、対応してくれるかどうかは事前に確認しておきましょう。家具を運び出せない(スペースがない)場合や備え付けの家具がある場合、片側に家具を寄せて半分ずつコーティングを行うこともできます。ただ、その場合は家具の移動やコーティングが乾くのを待つための時間がかかります。また、施工する部屋に行くまでの廊下などにも荷物を置かずに業者が通りやすいようにしておきましょう。

施工中に水道や電気が使えるようにしておく

引っ越す前の住居は家具や荷物がないため、フロアコーティングをしてきれいな部屋に住み始めるチャンスです。しかし、住み始める前の住居は電気や水道が使えない場合もありますので、施工時までには使えるように連絡しておきましょう。

床に傷やへこみがある場合はなるべく補修しておく

めったにあることではありませんが、フロアコーティングの施工によって、壁や床に傷・へこみが生じることもあります。その場合、傷やへこみが元からあったものなのか、施工によってできたものなのかわからないとトラブルに発展することもあります。立ち合い時にも確認しますが、きれいに仕上げるためにも事前にチェックして補修しておいたほうがいいでしょう。ただ、もともと床にワックスが施されている場合は、古いワックスを剥がすことになるので、小さな傷はあまり気にしなくてもいいかもしれません。

床の掃除をしておく

施工前に業者によって清掃が行われますが、そういった作業時間をなるべく減らしてスムーズに完了するように、自分でも簡単に掃除しておきましょう。コーティングをする際には細かなホコリが入るだけでも仕上がりに影響が出てきますので、床だけでなくカーテンやエアコン、壁などのホコリも落としておいた方がいいでしょう。

東京のフロアコーティング業者
おすすめBEST3

第1位 グッドライフ
  • コーティングの種類◎
  • 安全性・信頼性◎
  • 保証期間◎
詳細はこちら
第2位 ジェブ
  • コーティングの種類○
  • 安全性・信頼性◎
  • 保証期間◎
詳細はこちら
第3位 エコプロコート
  • コーティングの種類◎
  • 安全性・信頼性◎
  • 保証期間○
詳細はこちら
ページの先頭へ