HOME » 知っ得!フロアコーティングの基礎知識 » 【番外編】水回りのコーティング

【番外編】水回りのコーティング

後になってやっておけばよかった…と後悔する人が後を絶たない水回りのコーティング。するべき箇所をしっかりと把握しているプロの業者による施工をおすすめしますよ。

必要性や、使用するコーティング剤についてしっかりと知り、汚れやカビを最初から防止してピカピカの水回りを維持しましょう。

やっ得?水回りのコーティング

フローリングのコーティングだけでなく、キッチンやお風呂、トイレなどの水回りのコーティングも必要なものです。

水回りといえば、汚れや水垢がつきやすく、しかもカビも生えやすいですよね。そして、掃除をしようと思い立ってから作業にとりかかってみると、意外と労力や時間をかけることに…なんてことはよくあることです。

水回りのコーティングは、そういった悩みを解決してくれるもの、すなわち、最初から汚れや水垢、カビを防止するものなのです。

水回りをピカピカにするコーティング剤

水周りをコーティングする際、おすすめすべきコーティング剤を以下にまとめました。ぜひチェックしてください。

防汚コーティング

キッチンやトイレ、また浴室などにオススメなのが、フッ素樹脂の皮膜を形成する防汚コーティング。

とくに汚れ・水垢のつきやすいシンクや蛇口などは、フッ素樹脂でコーティングすることで、素材の凹凸や隙間に汚れが入り込むのを防ぎます。また、防汚コーティングには撥水効果も含まれているため、水垢や油汚れも簡単に落とすことができるようになります。

業者によっては、同じキッチンでもどこまでコーティングをしてくれるかなどで違いが出てくるようです。こればかりは家ごとによって変わってくるので、コーティングするべき箇所をしっかりと事前に把握してくれる、実績のある業者を選ぶことをオススメします。

防カビコーティング

水回りに限らずとも、家のなかにはカビの生えやすい場所がいたるところにあります。その点、防カビコーティングは、綺麗な状態からカビの発生を防ぐ効果を持っています。コーティングによって、抗菌皮膜が作られると、空気中のカビ胞子が付着したとしても、膜が成長を阻害するのです。

排水溝・排水口はもちろん、浴室のタイルや洗面ボールの裏側など、見えないところまでコーティングしてくれる業者がほとんどです。

業者選びの際には、お住まいから出てくる菌のうち、できるだけ多くの菌の発生・成長を阻止できるコーティング剤を使用している業者がオススメです。

水回りコーティング利用者の口コミ

「知人が”水垢が目立つ。コーティングをしておけばよかった”と嘆いていたのを耳にし、我が家は入居前に施工してもらいました。
お掃除はタオルで乾拭きするだけ。水垢もつかず、汚れも簡単に落ちます。毎日かなり手抜きの掃除をしているのですが、ぬるぬるとした汚れが付いたことは一度もありません。おかげで手間も省けるわ、清潔感を保てるわで大満足です。また定期的にコーティングを施していきたいです」

「トイレのコーティングをしてもらいました。
とくにトイレのタンクや配管についていた水滴やカビなどの汚れが気になって仕方なかったのですが、施工後はツルツルピカピカになりました。汚れも落ちやすく、今まで3日に1度必ず掃除するようにしていたのですが、今では1週間に1回するかしないか程度で清潔を保つことができています。イヤなニオイもまったくつかなくなったことには正直驚いています!」

「すぐカビが生えてくる浴室のコーティングを依頼しました。
浴槽や床、壁などにそれぞれ専用のコーティング剤を使っていただいたのですが、施工後はまったくカビを目にしなくなりました。汚れも軽くこするだけで落ちてしまい、掃除がかなり楽に。費用は安くはありませんでしたが、それだけ価値のあるものだと思います」

東京のフロアコーティング業者
おすすめBEST3

第1位 グッドライフ
  • コーティングの種類◎
  • 安全性・信頼性◎
  • 保証期間◎
詳細はこちら
第2位 ジェブ
  • コーティングの種類○
  • 安全性・信頼性◎
  • 保証期間◎
詳細はこちら
第3位 エコプロコート
  • コーティングの種類◎
  • 安全性・信頼性◎
  • 保証期間○
詳細はこちら
ページの先頭へ